赤ちゃんが吐くときどうしますか

赤ちゃんが、お乳を飲んだ後に吐く様子は、お母さんなら一度は見たことがあり、心配になるのではないでしょうか。

最先端の幼児教室についての情報をお探しの方は必見です。

赤ちゃんは、まだ飲み込んだり、消化したりする体の機能が未熟です。お乳を飲むときに、一緒にたくさん空気を飲んでしまうので、空気と一緒に吐くことが多いです。
その予防がげっぷをさせてあげることです。


げっぷがうまくできなくて、胃や腸が張ってしまい、泣くことでも空気を飲んで、またお腹がはって。。
というのは、赤ちゃんにありがちなしんどいパターンです。

赤ちゃんをうつぶせにしたり、寝返りができるようになれば、自然とおならなどで出やすくなります。

Yahoo!ニュースの知りたかった情報がきっと見つかります。

出にくいときは、お腹のマッサージ、下半身の体操で助けてあげましょう。
赤ちゃんが吐く時、特に、生まれて1月経たない新生児期には、胃から腸の出口が詰まってしまう、「肥厚性幽門狭窄症」という病気に注意が必要です。噴水のような嘔吐を繰り返して、哺乳ができないときは、病院を受診しましょう。



お腹のレントゲンや、エコーの検査で、診断することができます。
また、たくさん嘔吐をして、頭のくぼみ(大泉門)や目の周りが落ち込むときは、脱水の徴候があります。


そこまでいかないうちに病院を受診して、水分の摂取のしかたや、看病の注意点を聞いたり、必要があれば入院することになります。吐く様子の他、機嫌や、お乳に吸い付く様子がいつもと比べてどうか、ということにも注目して、様子観察をしてみてください。

top