赤ちゃんが吐くときの原因と対処

ミルクや授乳の後に赤ちゃんが吐いてしまうことはよくあることです。
授乳の際に空気を多く飲み込んでしまったり、げっぷが上手に出せないと、かなりの確率でミルクを吐いてしまいます。
空気を飲み込ませないような哺乳瓶やうまくげっぷを出す方法を探してみましょう。

赤ちゃんの食道から胃まではまだ短く、まっすぐなため逆流しやすいという特徴があります。単に空気を出すために吐くのは問題ありませんが、寝かせた時に吐くと気道に詰まる可能性があるため危険です。

げっぷがうまく出なかったときはしばらく頭を高くしておく、横向きに寝かせるなどの対処が必要です。

幼児教育について考えます。

口元からたらりとミルクが出てしまう程度では気にしないできれいにふき取ってあげれば大丈夫ですが、吐いたものが黄色であったり、噴水のように大量に吐く、痛がるように泣くなどの症状があったら病気のサインかもしれませんので見逃さないようにしましょう。

Girls Channelを利用してみる価値はありますよ。

下痢や発熱などの症状も合わせてチェックし、ぐったりしているなど明らかに異常がみられる場合は速やかに受診しましょう。
ウイルス感染の場合もあるので、吐しゃ物は速やかに片づけ、手洗いや消毒など必要に応じ行わないと家族内の感染にもつながりますので気をつけましょう。



赤ちゃんは言葉がしゃべれない分、大人が注意深く観察してあげる必要があります。

元気に見えても日常的に大量に吐いたり、体重が増えないなど、気になる場合はかかりつけの小児科などに相談してみましょう。


top