吐く赤ちゃんの対応について

赤ちゃんは口と胃の距離が短い上に食道がストレートですので吐き戻しをしやすいです。
病気などの理由があって吐く場合もありますが、笑いすぎたり食べ過ぎたりしてもなりますし、せき込んだ拍子に吐いてしまう事もあります。
また吐き戻しをしやすい子もおり3、4歳になっても、ちょっとした拍子に戻してしまう事もいます。

いきなり子どもが吐くと親はびっくりしてしまうと思いますがまずは落ち着くことが大切です。赤ちゃんが吐いた場合、自分で動けないくらい小さい子の場合は体を起こしてあげるか、横を向かせてあげて、おう吐物がのどでつまらないようにしてあげてください。
自分で動けるくらいになっていれば椅子などに座らせてあげてください。


おう吐物が食べた量に対して少量の場合は、まず問題がないと思いますので様子を見てあげてください。

ただ何回も吐く場合は、医療機関を受診することをおすすめします。

赤ちゃんがそる情報は必ず役に立ちます。

反対におう吐物の量が多い場合は、何かのウイルスに感染している可能性や他の病気の場合がありますのですぐに医療機関を受診することをおすすめします。

お手軽にYahoo!ニュースの様々な相談を受けることができます。

赤ちゃんは体が小さいため、少しの事でもすぐに脱水症状を起こしてしまいます。



また、御茶などは戻しやすいためベビー用のOS-1がありますのでそのような商品を少量、複数回に分けて飲ませてあげてください。


嘔吐を繰り返した場合、体内の水分がすぐになくなってしまい脱水症状になると大変です。
そのためまずは早めに受診してください。

top